Lu PARQS italian restartant & cafe

about

PARQS TOYAMAに隣接、サスティナブル建築PARQS358 1Fに2017年オープンしたカフェ&イタリアンレストラン。
カフェはスペシャリティーコーヒーを使用しシアトルスタイルでエスプレッソやコーヒーを提供。
イタリアンレストランは出来る限り地元の食材を使用したオーセンティックなイタリアンレストラン。

LU PARQS is a café/Italian restaurant established in 2017 and located on the first floor of the eco‐friendly sustainable building PARQS358, next to PARQS TOYAMA.
The café section offers Seattle‐style coffee including espressos, using specialty coffee.
The restaurant serves authentic Italian cuisine mainly using locally-produced ingredients.

★4/11(木)より、 平日ランチ営業が始まりました。

PARQS358について

2017年11月にカフェ&イタリアンレストラン、2018年2月にPARQS MENSをオープンさせたシアトル、東京、富山でデザイン建築した建築物。
自然の素材をふんだんに使った建築。食材も地産地消を基本とし、エネルギーも蓄電池を使用し地産地消を心がけています。アルチザン要素をふんだんに取り入れました。

4.5メートルのメープルの古材のライブエッジテーブルはハリウッドの大物スターの家具を作ったアーティストによるもので、仕上げの塗装も日本では初めてです。
入り口の大型ドアも古材のコレクション、
構造は超断熱と超密閉空間によりCO2を閉じ込めておく大断面の木構造、
太陽の動きを活用した温もりのある自然採光、
CO2を感知して稼働する熱交換装置や蓄電池システムを利用した太陽光発電などサステイナブルな機器、建材、工法を取り入れました。

立面の意匠には歴史上偉大な建築の流れ(フォーマリズム)に沿った一面を表敬の意味もあり導入してあります。それはバビロンからエジプト、ピタゴラスからギリシャへ伝わり、ルネッサンスのパラディオ、現代建築の巨匠の一人、コルビジェも活用しているプロポーションです。このような小さな商業建築でもフォーマリズムをどこかで反映することにより、多少でも美意識の長い流れに触れることができれば、それもアルチザンの素晴らしさではないかと思います。

PARQS358, a building complex designed in Seattle, Tokyo and Toyama, contains a café/Italian restaurant LU PARQS that opened in November 2017 and a men’s clothing store PARQS MENS that opened in February 2018.

This building complex is constructed with a variety of natural materials, and has a number of features created by artisans. The 4.5‐meter live edge table made from aged maple wood in the café and restaurant was created by an artist who also made furniture for famous Hollywood stars. The method of coating used on the table was employed for the first time in Japan. The large entrance door is another example of a product using old wood.

We aim to be self‐sufficient and sustainable by generating and storing electricity from solar energy, as well as using local ingredients at our café/restaurant. The building was designed with sustainable building materials, methods of construction and equipment. These include rooms that are insulated and well enclosed by the use of thick wood that can lock in CO2, natural lighting making use of the movement of the sun, a heat exchanger that operates upon detecting CO2, and solar power generation with storage batteries.

The elevation design for the building employs formalism which is one of the most important movements in architectural history dating back to ancient Babylon and Egypt, and thereafter adopted by the noted mathematician Pythagoras in Greece, Palladio, a leading light of the Renaissance, and Le Corbusier, one of the most respected masters of modern architecture.

Even with a small commercial building like this, which reflects formalism to some degree, we can sense the long history of the appreciation of beauty. This could be achieved thanks to the amazing skills of artisans.

more

Tempo di Caffe

lunch time 12:00〜14:30(14:00LO)
cafe time 14:30~18:00 (17:00 LO)
火曜日定休(月2回 月曜日もしくは水曜日)

4/11(木)より平日ランチ営業が始まりました。

12:00〜14:30(14:00LO)

※8月19日(月)〜8月22日(木)の4日間は
誠に勝手ながら臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
尚、8月23日(金)より通常営業致します。

Tempo di Cena

18:00 ~ 21:00 (20:00 LO)
火曜日定休(月2回 月曜日もしくは水曜日)

ディナータイムの営業時間を変更致しました。
何卒ご理解いただきますよう宜しくお願い致します。