one pieceと風を纏う

2019.05.31 / TOYAMA,UOZU

one pieceと風を纏う

同じような毎日が過ぎてゆく中、
ささやかで幸せなひと時を特別にしていく事ができるのは
他の誰でもなくワタシ自身

進んでも追いついてくる過去の自分は
ジブンで追い越していく。

乾いた風と奥底からスキと思えるSTYLEを纏いながら、、

IMG_0067

one-piece:MM⑥(PARQS toyama)

純白の裾を翻して、キミと歩幅を合わせて歩むひと時

IMG_0111

one-piece:ebure(PARQS toyama)

北欧の冷えた心地よい風を思わせる日は、バラの花束とシルクの肌触りが心地いい

IMG_0080

one-piece:LUTZ HUELLE(PARQS toyama)

アイデンティティーを感じるパープルと過ごす日。敬意と品位を映して

IMG_0105

one-piece:Ron Herman(PARQS toyama/uozu)

陽射しとリンクする色からは見えないチカラを、、

00000IMG_00000_BURST20190522145653345_COVER

one-piece:Ron Herman(PARQS uozu)

深くリラックス出来たときに上がる感度。眠っている感覚を呼び醒ます

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190522155035671_COVER

one-piece:Ron Herman(PARQS uozu)

チカラを抜いて過ごせる日は、風がよく通るリブと青空を纏う

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190522150859544_COVER

one-piece:Ron Herman(PARQS toyama/uozu)

小さな手が呼ぶほうへ。
真っ直ぐな眼差しとインディゴブルーの気持ち良さを感じる夏の午後

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190522152818321_COVER

one-piece:Ron Herman(PARQS toyama/uozu)

 深呼吸して、

季節を
立っている場所を
呼吸を
空や大地を

すべてをゆっくりと感じていきたい。

ひとつなぎの心地よさと共に