BLUE BLUE JAPAN

2019.11.05 / TOYAMA,UOZU

まぼろしの技法が蘇る…

『BLUE BLUE JAPAN』

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191031125559402_COVER
大正時代より伝わる染色法から生まれる、
独特なムラ感が特徴的なステンカラーコート。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191031125649091_COVER
ダウンをも凌ぐ温かさのプリマロフトを使用し、
ボリュームを感じさせない着心地の軽さも魅力です。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191031123935111_COVER

ステンカラーコートと同じく、
“籠染め”によるジップフードジャケット。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191031124109576_COVER

身幅やアームホールにゆとりを持たせたオーバーサイズのシルエットで、気温に合わせて重ね着しやすい設計に。

ゆっくりと深まってゆく葉の色とともに。。。